外国人留学生の半数以上が仕事探しを英語で行いたいと回答

ニュース&レポート

NEWS2016/03/24

英語で就活情報配信Career Start in Japan+(プラス)3月24日スタート
外国人留学生の半数以上が仕事探しを英語で行いたいと回答

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:篠原 裕二、以下ダイジョブ・グローバルリクルーティング)が運営する外国人留学生専門就職サイト「Career Start in Japan」の登録ユーザーや就職活動中の外国人留学生向けに、ソーシャルメディアCareer Start in Japan+(プラス) [https://www.facebook.com/CareerStartinJapanPlus/]での情報配信をスタートいたします。

Career Start in Japan「Career Start in Japan」に登録している外国人留学生に行ったアンケート調査によれば、約半数の48%が英語を使って仕事を探しており、就職活動における情報収集をする際に英語を好んで使いたいという回答が52%と半数以上であることが明らかになりました。

外国人留学生向けの就職支援サービスは増えてきているものの、その多くは日本語で運用されており、英語で就職情報を探している外国人留学生との行き違いが発生しています。また、大学の担当者によれば、外国人留学生は日本人学生に比べて1ヵ月ほど就職活動のスタートに遅れが生じているとの意見もあることから、「Career Start in Japan+(プラス)」では、就活スケジュールや就活に関するニュースを初め、日本での就活のマナー(服装、筆記試験、面接等)、就職イベント情報、求人情報を企業の採用スケジュールに合わせて配信し、日本で働きたいと考えるすべての外国人留学生が、必要な情報を必要なタイミングで収集できるプラットフォームを作ることで、スムーズに就職活動に臨めるよう支援したいと考えております。

「Career Start in Japan+(プラス)」の運用を担当するのは3歳から海外で生活し、ハワイの大学卒業後、新卒生としてDaijobに入社した上野慶太(ルーク)。そして自身も日本の大学への留学を経験し、日系メーカー営業担当を経てDaijobに転職、「Career Start in Japan」のサービス開始当初から営業を担当していたティモフェエヴァアンナ。二人に自身の就職にまつわる経験について聞きました。

◆日本での就職の際に苦労した点は?

Career Start in Japanアンナ: 新卒の時は通っていたロシアの大学の教授の紹介で当時ロシアに進出していた日系企業に入社したため、それほど苦労は感じませんでしたが、転職をする時は非常に大変でした。まず情報が少なく、次の転職先を探すのに苦労したことと、面接に行っても、英語がネイティブではないからと断られ、自国のロシアではない環境で転職活動をすることはメンタル的に大変でした。

ルーク: ハワイの大学に通っていたため、冬休み中に日本に一時帰国して就職活動を行いました。 苦労したのは履歴書とエントリーシートです。僕は日本語を書くのが苦手だったので、必要書類として履歴書(手書き)と書いてあった場合は、最初からエントリーしませんでした。また、企業の採用担当者の方とのメールのやり取りを日本語でしなければならなかったので、大変でした。

◆日系企業で仕事をしてみて苦労した点は?

アンナ: 日系企業はルールに厳しく、また当時は新卒だったので、なかなか意見を聞いてもらいづらい環境だったと思います。また有給休暇を取りづらいという印象です。

ルーク: ハワイの大学で就職準備のためのクラスを受講しましたが、そこで学んだことが、日本では全く通用しなかったことに戸惑いました。例えば、名刺の渡し方や、進められるまで、お茶は飲まないなど。日本のビジネスシーンでは、アメリカと違いとても礼儀正しいということに驚きました。

また、僕はアメリカで育ったため、敬語を用いて日本語で話すことが得意ではありません。しかし、僕の名前は『上野慶太』と日本人の名前のため、相手の方は僕を日本人と思って話をします。そのため電話や打ち合わせでお客様と話すことに大変苦労しました。“Luke”というニックネームを用いるようになってからは、お客様にも僕のバックグラウンドに興味を持っていただき、コミュニケーションもスムーズになりました。

◆日本で働きたい外国人留学生に一言

アンナ: 例えば、他の人から「日本語レベルがN1じゃないと就職できない」などとネガティブな意見を言われることもありますが、日本で働きたいと考えているのであれば、粘り強く、諦めずに、積極的に仕事を探すことが重要です。また、自分の教訓としては「郷に入っては郷に従え(*)」で、全て日本のルールに従う必要はありませんが、柔軟に日本のルールを受け入れと仕事をすることも重要だと思います。
(*)【RU】Cо своим уставом в чужой монастырь не ходят
【EN】When in Rome, do as the Romans do


ルーク: 日本語レベルをあまり気にしすぎてはいけないと思います。入社してから日本語レベルは必ず上がりますし、日本語レベルだけではなく、自分の強みを評価してくれる、自分に合った企業を見つけることが大事だと思います。

Career Start in Japan

[Career Start in Japan]

日本在住の外国人留学生専門の就職サイト。
日本独特の就活システムに関する説明や、既に日本で就職している先輩外国人によるインタビューコンテンツを配信就職前のインターン情報も同時掲載。
https://csj.daijob.com/

BACK TO INDEX


パートナーをお探しの
企業様へ

パートナー募集

お問合せ・ご相談は
こちらから

お問い合わせ

バイリンガル・
国際派人材採用なら

Daijob 17th Anniversary

外資・グローバル企業人事のための
情報コミュニティ

Daijob HRClub


大阪エヴェッサ(ビル・カートライト氏インタビュー)